3.11 from KANSAI 入場無料

新着情報
2019/2/26 3.11 from KANSAI 2020〜長い目、広い目、そらさぬ目〜 開催延期、再日程調整中
新型コロナウイルス感染症が各国・各地で広がるなか、沈静化の兆しがみえず、収束の見通しは予測不能な状況です。このような状況下において、感染拡大防止の観点から、3月8日(日)午後に予定していた「3.11 from KANSAI 2020」は、振替日未定の延期とさせていただきます。せっかく予定を空けてくださいましたのに、開催延期となり、誠に申し訳ありません。振替日程が決まりましたら、こちらに改めてお知らせいたします。

3.11 from KANSAI 2020

「3.11fromKANSAI」は、東日本大震災の被災地や全国で避難生活を送る方々に思いを寄せ、シンポジウムや写真展などのイベントを通して「関西から何ができるのか」を考えることを目的として、東日本大震災の翌年から毎年、3月11日(または直近の日曜日)に大阪で開催しています。東北からゲストをお招きして「東北のいま」を学ぶほか、熊本地震や西日本豪雨などその後の災害にも目を向け、関西での「日頃の備え」についても議論する機会としています。

 9年目となる今回は、地球温暖化の影響などで「災害多発時代」ともいえる状況が生じている現実に立ち向かうために必要なこれからの取り組みについて、台風19号などで再び大きな被害を受けている東北の様子を改めて学ぶとともに、国際社会の動向や企業・行政・大学など多様なステークホルダーとの連携を軸にしながら、「誰も取り残されることのない防災」の新たなあり方を来場者とともに考えます。

開催概要

日時

2020年3月8日(日)

メイン会場・サブ会場ともに13時から(12時30分開場)

会場

梅田スカイビル タワーイースト36F

メイン会場・スカイルーム1、サブ会場・スカイルーム2

定員 メイン会場(スカイルーム1)120人、サブ会場(スカイルーム2)50人(保護者含む)
対象 3.11、東北へ思いを寄せる人、関西での備えを考えている人、など
主催

3.11 from KANSAI 実行委員会([構成団体]一般財団法人ダイバーシティ研究所/認定NPO法人トゥギャザー/NPO法人遠野まごころネット/NPO法人ユースビジョン/社会福祉法人大阪ボランティア協会[事務局]) [運営協力団体:おおさか災害支援ネットワーク]

協働事業パートナー 「新しい東北」官民連携推進協議会「連携セミナー制度」(申請中)
協賛企業(五十音順) 依頼中
コンセプト

「忘れない」:復興活動はこれからも続く。東日本大震災の「いま」を知り、風化させない。

「おたがいさま」:阪神・淡路大震災を知る関西。困ったときはおたがいさま。

「関西でできること」:関西だからこそできることを考える。関西での備えにつなげる。

3.11 from KANSAI 2020の強化テーマ

「3.11 from KANSAI 2020〜長い目、広い目、そらさぬ目〜」

プログラム

<メイン会場:スカイルーム1> ※12時30分開場

総合司会 3.11 from KANSAI実行委員会 事務局長・永井 美佳

 

13時00分から13時15分
開会挨拶 3.11 from KANSAI実行委員長・早瀬 昇

祈り〜黙とう 遠野まごころネット関西同窓会・下間都代子さん

 

13時15分から15時15分(120分)
第1部「東北のいま〜3.11の経験を、長い目、広い目、そらさぬ目でどう生かせたか〜」

東日本大震災から9年をふりかえり、「東北のいま」について紹介いただきます。また、「令和元年10月台風19号災害」の救援や復旧活動において、3.11およびその後の活動経験をどう生かせたかについてお話いただきます。
<キーノートスピーチ・講師>

一般財団法人ダイバーシティ研究所 代表理事/復興庁 復興推進参与 田村太郎さん

<ゲスト>
(岩手)NPO法人いわて連携復興センター 代表理事 葛巻徹さん

(宮城)NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター 常務理事・事務局長 青木ゆかりさん

(福島)一般財団法人ふくしま百年基金 代表理事 山崎庸貴さん

<パネルディスカッション・コーディネーター>

NPO法人ユースビジョン代表 赤澤清孝さん

 

15時15分から15時30分
休憩

 

15時30分から17時30分(120分)
第2部「これからの災害支援〜長い目、広い目、そらさぬ目をどう効かせるか」

災害が多発する近年において、発災後に助け合うことを前提としたこれまでの対応だけではもはや立ちゆかなくなっています。被災者に寄り添ったきめ細やかな支援を持続可能なものにするために、ローカル・グローバル両方の視点をもちながら被災者の多様なニーズに対応できるこれからの災害支援のあり方について、それぞれの立場から視座をいただきます。

<パネルディスカッション・ゲスト>

(NPO)特定非営利活動法人災害救援レスキューアシスト代表理事 中島武志さん

(企業)ヤフー株式会社 執行役員 SR推進統括本部長 西田修一さん

(研究者)宮崎大学医学部看護学科 教授 原田菜穂子さん

<パネルディスカッション・コーディネーター>

一般財団法人ダイバーシティ研究所 代表理事/復興庁 復興推進参与・田村 太郎さん

 

17時30分から17時40分
閉会挨拶 3.11 from KANSAI実行委員長・早瀬 昇

 

<サブ会場(スカイルーム2)> ※12時30分開場

13時00分から15時30分
A「こどもだって災害に向き合おう」

さまざまな災害が多発する今、こどもにも災害の怖さを知ってもらい、いざという時の対応力を身につけてもらうこども向け企画です。「災害に消えた小さな命展」も同時開催。

 

【プログラム1】(もくとう〜14時30分)

段ボールで作るアシスト瓦ワークショップ 〜メッセージやイラストで台風の被災地を応援しよう!

 

作り方や、実際に使われている被災地の被害を含めた様子などをレスキューアシスト代表の武ちゃんマンこと中島武志(なかじまたけし)さんにお話いただき、子どもたちにも自然災害の怖さ向き合ってもらいます。

 

【プログラム2】(14時40分〜15時30分)

「震災とペットたち〜本当にあったお話の読み聞かせ」

出演 チャリティグループ「ペットとわたし」

 

お話1 福島の被災地から保護された被災犬「パァシュ」

読み聞かせ:竹房敦司/フリーランス、ytvテレビ「グッと!地球便」ナレーター

 

お話2 阪神淡路大震災で被災した猫「奇跡の白い猫」

読み聞かせ:窪内唱乃/(株)on time 所属、元FM802アナウンサー、深田あさ/(有)ビー・グラッド所属、CM・鉄道車内アナウンサー

 

お話3「震災で消えた小さな命展」から生まれた絵本「ぼくは海になった」

読み聞かせ:下間都代子/フリーランス、ABCテレビ「キャスト」ナレーター

 

※チャリティグループ「ペットとわたし」

ペットを飼っているプロのナレーター有志によって2016年発足。大切な家族の一員であるペットとの想い出やエピソードを綴った文章と写真を公募。朗読と写真展のイベントを開催して入場料を保護犬や保護猫の施設などに寄付する活動を行っている。


【同時開催『ミニ・災害で消えた小さな命展』】(12時30分〜17時30分)

「震災で消えた小さな命展」は、代表のうささんによって企画開催されているイラスト展です。

震災によって犠牲になったたくさんの命の中に、様々な動物、植物の命がありました。

家族同様の動物と別れ、悲しい思いをしている方々。

また、反対に飼い主が見つからず、ひとりぼっちになった動物たちをお世話しているボランティアの方々。

恐ろしい津波からせっかく助かったのに、動物であるという理由で避難の網からもれて失われた命もありました。

そこで、うささんが、被災者の方から描いて欲しい動物をうかがい、絵本作家・画家・イラストレーターによって、亡くなった動物たちを、絵の中によみがえらせたのが、この展覧会です。

津波で亡くなったたくさんの人々の命も、亡くなった動物たちの命も、その命を想う人にとっては、みんな等しく大切な命です。

「震災で消えた小さな命展」は、命の平等さについても伝えています。


13時00分から15時00分(120分)

B「3.11を想う交流会」(「まるっと西日本」と共催)

・黙祷の時間(メイン会場にて)

・交流会

 

13時00分から17時45分(285分)

C「震災復興応援のための物販コーナー」

・生活協同組合おおさかパルコープ(東北の復興商品いろいろ)

・トゥギャザー(東北、熊本、関西の障害者福祉事業所の商品いろいろ)

・3.11fK実行委員会(岩手県大槌町「奇跡の復興米」ほか)

 

<懇親会会場>
18時15分から20時15分(120分)
ゲストを囲んで語らいます。3.11、東北へ思いを寄せる人、関西での備えを考えている人のネットワーク構築の場にしましょう。ふるってご参加ください。

場所:WILLER EXPRESS CAFÉ(大阪市北区大淀中1-1-73)

会費:お一人3,500円(税込)※飲み放題付  定員:30人(先着順)

お申し込み

お申込みは、フォームズ↓よりお願いします。
https://ws.formzu.net/fgen/S43277534/

 
3.11 from KANSAI へのお問い合わせ 06-6465-8391 事務局:大阪ボランティア協会
協働事業のパートナー

「新しい東北」官民連携推進協議会「連携セミナー制度」(申請中)

協賛企業

依頼中

連携企画情報

「3.11さかい灯りの花ひろば『微力だけど無力じゃない』明日へつながれ祈望のライブ2020」

★本イベントは、その他の多くのボランティアのみなさんの応援に支えられ、運営しています。心よりお礼申し上げます。

walk with 東北

ページの先頭へ