3.11 from KANSAI 入場無料

新着情報
2024/2/5 3.11 from KANSAI 2024〜またぐ・こえる・つながる、国も地域も 開催決定!

開催概要

「3.11 from KANSAI」は、東日本大震災の被災地や全国で避難生活を送る方々に思いを寄せ、シンポジウムや写真展などのイベントを通して「関西から何ができるのか」を考えることを目的として、東日本大震災の翌年から、3月11日の直近の週末に大阪で開催してきました。毎年東北からゲストをお招きして「東北のいま」を学ぶほか、熊本地震や西日本豪雨などその後の災害にも心を寄せ、関西での「日頃の備え」についても議論する機会としています。

 

2024年は元日に能登半島地震が発生し、阪神・淡路や東日本での経験を持つ人たちも被災地の支援に関わっています。また2022年2月に始まったウクライナ侵攻では、日本で暮らす2,000人をこえる避難民の方々への支援や現地での復興に東北の知見が生かされつつあります。さらに2024年10月には新潟中越地震から20年、2025年1月には阪神・淡路大震災から30年の節目を迎えることから、今年のテーマは「またぐ・こえる・つながる、国も地域も」としました。

 

コロナ禍による規制が解除され、再び東北への訪問に制約がなくなりました。各地で起きている災害や紛争に思いを寄せつつ、改めて東北のいまを見つめることで、国や地域を越えて災害・復興の知見をつなぎ、関心を寄せ続ける人の輪を拡げていくためにできることについてともに考える機会といたします。

日時

2024年3月9日(土)13:30-17:15

会場

大阪公立大学文化交流センターホールおよびオンライン会場にて同時開催

*大阪市立大学文化交流センター

大阪市北区梅田1-2-2-600(大阪駅前第2ビル6階)

最寄り駅:JR東西線「北新地駅」下車徒歩約3分、地下鉄四つ橋線「西梅田駅」下車徒歩約5分など

参加費 無料
定員

大阪公立大学文化交流センターホール 100人

オンライン会場 制限なし
対象 「3.11」や東北へ思いを寄せる人、関西での備えを考えている人、関心のある方ならどなたでも
主催

3.11 from KANSAI 実行委員会([構成団体]一般財団法人ダイバーシティ研究所/認定NPO法人トゥギャザー/NPO法人遠野まごころネット/社会福祉法人大阪ボランティア協会[事務局]) [運営協力団体:おおさか災害支援ネットワーク(OSN)]

協賛企業(五十音順)

産経新聞社、サントリーホールディングス株式会社、真如苑、株式会社ハレルヤワークス、ほか依頼中

コンセプト

「忘れない」:復興活動はこれからも続く。東日本大震災の「いま」を知り、風化させない。
「おたがいさま」:阪神・淡路大震災を知る関西。困ったときはおたがいさま。

「関西でできること」:関西だからこそできることを考える。関西での備えにつなげる。
3.11 from KANSAI 2023の強化テーマ

「またぐ・こえる・つながる、国も地域も」

プログラム

13:00- 開場

総合司会

下間都代子/特定非営利活動法人遠野まごころネット関西同窓会 幹事

 

13:30- 開会挨拶

実行委員長 田村太郎/3.11 from KANSAI実行委員長

 

13:35- 祈り〜黙とう

 

13:40- 鼎談「またぐ・こえる・つながる、国も地域も〜東北の経験を生かせるか」
能登半島地震、ウクライナの最新情報(現地リポート予定)
【登壇者】
菅野拓(すがのたく)さん/大阪公立大学大学院文学研究科人間行動学専攻地理学教室 准教授 ※会場登壇
後藤隆昭(ごとうたかあき)さん/復興庁 復興知見班 参事官 ※会場登壇

松永秀樹(まつながひでき)さん/JICA(国際協力機構)ウクライナ事務所所長 ※オンライン登壇

 

15:10- 休憩(予定)

 

15:20- 復興クロストーク「またぐ・こえる・つながる、国も地域も〜東北のいまを改めて知る」
【登壇者】

斉藤道有(さいとうみちあり)さん/一般社団法人東北ツリーハウス観光協会 代表理事 ※オンライン登壇
スワスティカ ハルシュ ジャジュさん/一般社団法人双葉郡地域観光地域研究協会 マネージャー ※会場登壇
戸塚絵梨子(とつかえりこ)さん/株式会社パソナ東北創生 代表取締役 ※オンライン登壇
【聞き手】

田村太郎(たむらたろう)さん/一般財団法人ダイバーシティ研究所 代表理事、復興庁 復興推進参与 ※会場登壇

 

17:05- 閉会挨拶

 

17:15- 閉会

 

17:45頃 懇親会

ゲストを囲み有志で懇親会を開催。会場周辺の店で会費は4,000〜4,500円程度の予定です。

 

「買って応援!障害者福祉事業所商品2024」

被災地を含む障害者福祉事業所で作られた商品を買って応援!食べて満足!ぜひご利用ください。
NPO法人トゥギャザーオンラインショップ
※こちらの復興支援商品の一部は、3月9日に「3.11 from KANSAI」の場(大阪公立大学文化交流センター)にて受渡し可能です。
(受取可能商品:ジュース・ゼリーのページの商品、食品ページの油麩、チキンカレー、タンと召し上がれ、ミートソース、コッペクッキー)
会場にて受取りの場合は、送料不要となりますのでご注文の際、配送方法ヤマトを選択し備考欄に「現地受渡し希望」とご記入ください。お申込み後、自動返信メールとは別メールにて送料を差し引いたお支払い金額をお伝えいたします。

参加申込方法

お申込みは、以下のフォームよりお願いします。
https://forms.gle/7CACGuFTAoMW8AD66

 

 
3.11 from KANSAI へのお問い合わせ 06-6465-8391 事務局:大阪ボランティア協会
協賛企業

産経新聞社、サントリーホールディングス株式会社、真如苑、株式会社ハレルヤワークス、ほか依頼中

連携企画情報

福島から避難されている方の第3回「交流カフェ」
日時:2024年3月9日(土)13:30-16:00
会場:大阪公立大学文化交流センター・大セミナー室
運営:福島県県外避難者相談センター「サスケネ」

 

ページの先頭へ